札幌市豊平区西岡の歯科医院/マイクロスコープによる治療を行います。
 

2020/09/02

9月 こどもたちの矯正治療および未来について

 

 

札幌の夜は少しずつ寒くなってきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

院長の長谷川です。

 

本日はこどもたちの未来についてです。


私もこどもが長男(小5)と長女(小1)がいます。
こどもたちには明るく希望のある未来を過ごして欲しいと心から思っています。
そのために親として何ができるか、常に考える毎日です。
今できることとして、こどもと真剣に向き合い、真剣に遊び、時には真剣に怒ることが大事なのかなと思っています。
何が正解かわからないので試行錯誤の毎日です。

ただ、明らかなことは「健康に育って欲しい」ということ

(ここからは歯科医師として、自分のこどもだけではなく、日本のこどもたちへの思い)

そのために歯並びは非常に重要な役割を占めています。
将来的に自分の歯で食事ができること
つまり、歯がなくならず、歯周病にもならずにしっかり噛めることで、様々な全身の病気の予防ができることが明らかになってきています。
例えば認知症、糖尿病、心臓疾患、脳梗塞まで最近コロナで話題になっていますが、サイトカインストームが起こってしまうということです。(このあたりのついてはまた今度詳しく説明したいと思います)

また、噛み合わせが悪いことで、歯科治療が非常に複雑になります。
そうすると歯を抜くことが多くなり、全身的な病気に繋がっていく‥。これをどこかで食い止めたいと私は思っています。


「食い止める以前にそうならないようにするためには」と開院当時から取り組んでいるのが

『マイオブレースを用いたこどもの矯正治療』です。
矯正治療ですから、当然、歯並びをなおしていきますが、それは最終的なことで

その過程で
〝正しい呼吸〟を確立していきます。
こうすることで今度は夜の睡眠の質が向上します。(睡眠中にこどもたちは成長・発育していきます)
睡眠がしっかりとれれば、その次には日中の集中力の向上に繋がっていきます。

ですのでこの治療は歯並びの治療というよりは
こどもたちの一生涯にわたる健康プログラムだと思っています。

 

実際にこどもたちの可能性・能力は無限大でこの方法でやったこどもたちはイキイキとして目が輝いている印象を受けます
最終的に歯並びを整えて、私の役目は終わりですが、その子たちの未来が輝かしいことであることを願うばかりです。

 

この思いを動画にしていますのでお時間のある方はご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=vV32InNu9Ag&t=79s



9月の休診

3日(木)、11日(金)、17日(木)、21日(月・祝)、22日(火・祝) と 日曜日です